【参加費】無料(要事前申し込み)

【参加申込】https://forest20220415.peatix.com/
【参加方法】Zoomウェビナーによる配信を予定しております。
※お申し込みいただいた方には、追って視聴URLをご案内いたします。
======================================
2022年4月15日(金)19:30~21:00

ゲストスピーカー
大野 航輔さん(株式会社リトル・トリー 代表取締役)
聞き手役
相川 高信さん(林業政策アントレプレナー)
======================================

近年は森林のある地域での暮らしや仕事、趣味・遊び等を通じて、
何らかの形で森に関わる人々が増えてきています。

特に社会課題解決への志がある人の一部には、
ベンチャー会社を起業して、森林に関わるサービスを
展開されているケースもあります。

今回のゲストである大野航輔さんもそんな起業家の一人です。
山梨県の道志村に移住後に株式会社リトル・トリーを起業し、
同県小菅村の林政アドバイザーも務めているフォレスターです。

大野さんはフォレスターとしての仕事だけでなく、
森の中で楽しむマウンテンバイクの活動や、
焚火を囲んでコミュニティの人々が語り合う配信コンテンツの提供など、
地域の人と都市部の人とが交わる場づくりにも挑戦しています。

そんな大野さんが考える、これからの地域における
「コンヴィヴィアル="自立共生"な社会」とは?
現在取り組まれている様々な取り組みとともに
大いに語っていただきたいと思います。

※コンヴィヴィアリティとは?
<辞書的意味>宴会、陽気さ、上機嫌、共生
<学術的意味>自発的な個人が、人間的な創造性により、相互依存の中で
構築される個的な自由。「自立共生」、「自律共働」。
オーストリアの哲学者イヴァン・イリイチによると、
スペイン語の"conviviencial"には
「1つの谷戸に住む隣人たちを結びつけてきた歴史的な絆」
「自分たちの共有地(コモンズ)」を守ってきた隣人たちの絆」
という意味もあるという。

【出演者プロフィール】
大野航輔(おおの こうすけ)さん

株式会社リトル・トリー代表取締役 株式会社つるエネルギー取締役
小菅村地域林政アドバイザー Doshi Deer Trail代表
1978年、横浜市出身。早稲田大学教育学部英語英文科卒業後、
立教大学大学院比較文明学科でアメリカ先住民研究を行う。
2005年、株式会社森のエネルギー研究所入社。木質バイオマスエネルギー利活用に関する
コンサルティング業務を実施。道志の湯における薪ボイラー導入調査で道志村と関わりを
持ったことを契機に、2013年4月、道志村地域おこし協力隊へ転職。道志村にて林業、
再生可能エネルギーを軸とし、農山村で働く若者の仕事づくりを行っている。
2016年3月の協力隊任期終了を期に、道志村の山林所有者支援、木質バイオマスエネルギー
利活用調査設計、副業型林業を基盤とした新会社「株式会社リトル・トリー」を設立。
2017年、道志村移住支援センターを開設。2019年、森林空間利用を実践するDoshi Deer Trailを設立。
マウンテンバイクライドツアー、リバーウォークツアーを開催。
2021年、小菅村地域林政アドバイザーとして小菅の湯薪ボイラーの運用や森林経営、
空間利用について支援を展開中。

相川 高信さん
京都大学にて森林生態学を専攻後、民間シンクタンクにて、
森林・林業分野の調査・コンサルティングに幅広く従事。
2015年より「フォレスター・ギャザリング」を立ち上げ、運営メンバー。
現在は公益財団法人にて、バイオエネルギーの政策研究を行う傍ら、
全国の林業仲間との交流を続け、新たなレイヤーでの制度を探求している。
2016年、人材育成をテーマに、北海道大学大学院農学研究院より博士号を取得。

 「横浜の水源地、道志村の木でつくる

 オリジナルスプーン」

【日時】

3/26(土)①10:00〜13:00 ②13:30〜16:30

【募集】

各回5名・先着順

【講師】

石黒雄大(木工作家、PomUresica96代表)

福島実(NPO足柄丹沢の郷ネットワーク代表)

大野航輔(株式会社リトル・トリー代表)

参加費:3,000円/名(作成したスプーンをお持ち帰り出来ます)

【場所】

横濱ゲートタワー1階 区画6

・中学生以上が対象です。

【参加申込】

横濱ゲートタワーまちびらきイベント

https://yokohama-gatetower.com/


ENTENKA対談「大野航輔とは何者か」stand.fmにて配信中

株式会社リトル・トリー代表 大野 航輔×株式会社つるエネルギー代表 鹿島 健

 

お会いする皆さんに度々受ける質問。

「大野さんはどんな仕事をしているんですか?

 アメリカインディアンと、バイオマスエネルギー、林業との繋がりは?

 なぜ、道志村を選んだのですか?」

今回、友人の鹿島くんに上記の質問を含め、インタビューしてもらい、大野が自身の半生と理念を紹介しています。ぜひ、お聞きください。

第1部(60分)

https://stand.fm/episodes/6145ac809fc96000065dcce8

第2部(60分)

https://stand.fm/episodes/6146179bd63c8f0006996100